オイル(脂質)はタンパク質、糖質と並んで
体に必要な三大栄養素の一つですね。
嫌われがちな栄養素ですが、体には必要なものです。

オイルにはいろいろな種類があります。
まず常温で固体のものと、常温で液体のもの。

常温で個体のオイルは飽和脂肪酸といい、
お肉の脂やココナッツオイルです。

常温で液体のオイルは不飽和脂肪酸。

オリーブオイルには主要脂肪酸のオレイン酸の他に、
必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸を含みます。
飽和脂肪酸も少しだけ入っています。


◆ 不飽和脂肪酸(常温で液体)の特徴 ◆

 オレイン酸(n-9系、オメガ9)
  コレステロールのバランスを保つ。LDL(悪玉コレステロール)を減らし、
  HDL(善玉コレステロール)を減らすことなく働きを助ける。
  酸化にしにくいのが特徴。たくさん摂っても大丈夫。
  →  オリーブオイル、アボカドオイル、キャノーラオイルなど

 リノール酸(必須脂肪酸、n-6系、オメガ6)
  コレステロールを減らすが、大量摂取の場合には善玉コレステロールも減らすので
  炎症、がん発症につながる恐れがある。酸化しやすい。
  普通の食事で十分に取れるので、摂り過ぎに注意したい。
  植物油、ひまわり油、大豆油、ごま油の他
  →  肉類、米麦、卵、乳製品など、いろんなものに含まれている

 α-リノレン酸(必須脂肪酸、n-3系、オメガ3))
  動脈硬化予防、癌予防、免疫力強化。
  酸化しやすいが積極的に摂るとよい。
  → 亜麻仁油、エゴマ油、シソ油など


血管を丈夫でしなやかにしておくために必要なので
油抜きダイエットなんて考えない方がいいと思います。

体によいオイルを摂り入れるようにしたいですね。